ライブ配信には世の中を変える力がある

ライブ配信には世の中を変える力がある

NES版テトリス初の33面に到達する強者が現れる(動画)
2019.02.1912:29
オカジマトム

TETRISで33面到達
テトリスと言えば落ちゲーの先駆者でもあり、今でも人気を誇る世界的なゲーム。
日本ではBPSから発売されたファミコン版があるが、操作方法にクセがあることもあって不評をかってしまった。なぜならゲームボーイで慣れている人がブロックを回転させようとAボタンを押すとブロックが落下してしまうのだ。しかも落下は即落下である。
じゃあ回転はどのボタンか? 十字キーの下である。なんでこんな操作性になったのか謎である。操作性を考えるとゲームボーイ版は神がかっている。

そんなゲームボーイ版とほぼ同じ内容のNES版(海外のファミコン)のテトリスで、人類未達の33面に到達した強者が現れた。レベルは0~19まで選択可能で最大レベルからチャレンジ。

しかしこのNES版テトリスは仕様が非常にシビアで、ほかのテトリスの様に一度くっついてから移動させることが不可能で、またブロックを置いてからの余韻が非常に短く次から次にブロックが迫ってきてしまう。

後期に発売されたアーケードのテトリスのようにずっと遊び続けるというわけにもいかず、だいたいレベル25過ぎ辺りでほとんどの人が挫折。しかし人類未達の33まで行ったというから驚き。30になると表示がバグり30が「00」、31が「0A」という風におかしなことに。どうやら開発者も想定外だったようだ。

このプレイヤーは結局「1E」と書かれているいわゆるレベル33まで到達しゲームオーバー。

テトリスと言えば先日任天堂から「Nintendo Switch Online」会員向けに無料で配布された『テトリス99』が非常に話題になっている。

シェアボタン
ライバー編集部からのおしらせです