警察に届けられた落とし物をネット上で捜すことができる? そんなサービスがあったと話題に

落とし物検索
落とし物をネット上で捜すことができる? そんなサービスがあると話題になっている。警察庁のウェブサイトに「都道府県警察における遺失物の公表ページ」というページがあり、都道府県の警察署を選択すると、「落とし物検索」が可能。

例えば現金の場合は落とした期間を入力し、落とした地域を選択、その後に落としたと思われる場所を「路上・建物」「鉄道」「バス」「タクシー」その他の交通機関」から選択。すると落とし物一覧が表示される。

具体的な場所は書かれておらず、「施設」や「学校」「店舗」としか書かれていない。これは虚偽の落とし主が現れないための対策だ。

該当すると思われる自分の落とし物があった場合は問い合わせ問い合わせ番号を見てそれを電話番号に聞いて見ると良いだろう。

今回は現金を例に挙げたが、財布、かばん、書類、ディスク、小包、カードケース、カメラ、時計、携帯電話など様々なジャンルを細かく検索可能。

携帯電話の落とし主があまり無いのが意外。しかし大田区だけ異常に携帯電話の落とし物が多いのである。酔っぱらいが落とすのだろうか?

都道府県警察における遺失物の公表ページ

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com