ライブ配信には世の中を変える力がある

ライブ配信には世の中を変える力がある

2018年に最もタイアップ動画本数が多かったYouTuberは? 美容ジャンルの成長が顕著に
2019.03.0712:30
ライバーネット編集部

企業のYouTube活用を支援するエビリーは、2018年に最もタイアップ動画本数が多かったYouTubeチャンネルをランキング化。YouTubeをメインとした動画分析ツール「kamui tracker」の独自集計データを用い、2018年の「YouTuberタイアップ動画起用社数ランキングTOP10」を発表しました。

2018年のランキングで1位に輝いたのは、主婦としてYouTube活動を行い、ダイエットや料理、ヘアアレンジなど女性視聴者に向けて幅広いジャンルの動画を投稿している「ほしのこCH」。

以下、2位にガジェットのレビューを始め、DIYや旅、料理など生活の様子を動画で投稿している「カズチャンネル/Kazu Channel」。同率3位に女優やモデルとしても活躍する「てんちむ CH」と、やってみた系の動画を中心とする「ボンボンTV」がランクインしました。


▲2018年「YouTuberタイアップ動画起用社数ランキング」

TOP10までのランキングを見ると、2018年は美容ジャンルの成長(美容ジャンルの案件数の増加)が特徴としてあげられ、TOP10のうち半数以上が主に「美容」に関する投稿をしているYouTuberとなっています。


▲2017年「YouTuberタイアップ動画起用社数ランキング」

そのため、2017年のランキングと比べると、その顔ぶれは半数以上が入れ替わる結果に。

その他、企業のタイアップ案件では「アプリ・Webサービス」や「ゲーム」等のジャンルも根強い人気を誇っています。

<調査概要>
調査主体:株式会社エビリー
調査対象期間:2018 年1月1日から 2018 年12 月31日
集計基準:YouTuber(企業運営チャンネルは除外)のスポンサー企業件数を集計。動画の詳細ページに提供である旨の表記があるものをタイアップ案件とし、同一企業の依頼で複数の動画を投稿している場合も1社とカウントする。

シェアボタン
ライバー編集部からのおしらせです