ライブ配信には世の中を変える力がある

ライブ配信には世の中を変える力がある

『LiveMe』ってどんなサービス? 特徴と使い方を分かりやすく解説【ライブ配信アプリガイド】
2019.04.0311:00
ライバーネット編集部

ライブ配信アプリ『LiveMe(ライブミー)』について、その使い方と特徴を分かりやすく解説します。

どんなライブ配信アプリ?

『LiveMe』は、国籍や性別、年齢問わず、いつでも誰でも簡単に配信・視聴できるライブ配信アプリです。

アメリカ、イギリス、カナダ、台湾など全世界85の国と地域で展開されており、全世界で1億ダウンロードを突破しています(2019年3月現在)。リアルタイムで世界各国のユーザーとつながれるのが特徴で、日本ではキングソフトが2016年7月より国内向けの運営を開始しました。

また、男性のユーザーも多く、ライバーは男性4:女性6という男女比率。女性ライバーの活躍が目立つ日本のライブ配信市場において、男女関係なくライバーとして活躍できるサービスです。

どうやって始めるの?

AppStoreもしくはGooglePlayから無料のアプリをインストールし、アカウント登録を行います。

トップページから気になるライバーをタップすると、すぐに配信枠の視聴が始まります。

自身でライブ配信するには、画面下部のカメラマークをタップするだけ。「顔認識スタンプ」や「美肌フィルター」など、楽しい配信をサポートしてくれる機能を搭載しています。

▲南琴里さん/KSプロダクション所属ライバー

視聴画面にはコメント機能があり、リスナーはコメントの投稿を通じてライバーとリアルタイムのコミュニケーションを取ることができます。

また、リスナーはアプリストア経由のコイン課金によって、ライバーにプレゼントアイテムを贈り配信を盛り上げることができます。

どうやってファンを獲得するの?

『LiveMe』では看板広告やテレビCMへの出演権をかけたイベントや、人気コスメやグルメなどの賞品が用意されたイベントなど、毎月20~30のイベントを開催しています。自身の趣味や目的にあったイベントに参加し、リスナーからの注目を集めるライバーが多く活躍しています。

また、『LiveMe』では毎年、世界中のライバーが参加するグローバルベントを実施しています。去年のグローバルイベントで世界3位に輝いたのは、なんと日本人ライバー。ネイティブでなくとも、簡単な英語や中国語を使って海外のリスナーとコミュニケーションを取るといった姿勢は、グローバルなサービスならではの人気ライバーになる秘訣かもしれません。

配信で収益を得ることもできるの?

ライブ配信中にリスナーからプレゼントアイテムを受け取ると、その価値に応じた数の「ダイヤモンド」に変換されて、貯めることができます。一定数のダイヤモンドを貯めることで、コインに交換してプレゼントアイテムを購入したり、現金に換金することも可能です。

また、事務局が認定したユーザーであれば、アプリ内の個人ページに、ユーザーが保持しているECショップへの販促リンクを設置することもできます。

こんなライバーにぴったり!

運営元のキングソフトによると、「日本だけでなく、世界的に活躍したい!という意気込みのある方」「応援してくれるファンを大事にできる方」「『LiveMe』を好きでいてくれる方」にたくさん集まって欲しいとのこと。

自分にぴったりのサービスだと感じたら、スマホひとつで手軽にライブ配信を始めてみては。

シェアボタン
ライバー編集部からのおしらせです