ライブには世の中を変える力がある

ライブには世の中を変える力がある

イチローの引退発表に対してダンカンが「とんだ茶番のイチロー、最後が客寄せパンダ」で炎上

2019.03.2312:24
オカジマトム

ダンカンブログ
イチローが引退発表したことを受けて、コメディアンのダンカンさんが自身のブログに3月21日に「とんだ茶番のイチロー」というタイトルの記事を投稿し波紋を呼んでいる。
記事には「なんだこのシラケ・・ 最後が客寄せパンダって・・ くだらね~」と3行だけ書かれており、これに対して批判の声が多数寄せられた。

しかし22日になり「イチロー発言について」という釈明の記事が投稿されその中で「まず、大前提としてイチロー選手の28年の現役生活や数々の記録や偉業には最大級の敬意を払っています。本当にお疲れ様でした。若い頃4割を打ちそうなのに関西の新聞は📰阪神!阪神!で申し訳ない🙏🏼と謝ったりしていたこともありました」と前置きし「イチロー選手は1年間プレーから離れているし、オープン戦でも大不振、そしていよいよ開幕の2試合打線ではカラダが突っ込んで だり、差し込まれたり・・野球ファンとして大切な試合にイチローのあの姿を見たくなかったし興行のために(?)イチローを利用しているとしかオレには映りませんでした」と言葉足らずだったことを説明した。

最後には「もし、イチローが今回不愉快に思ったなら先々何処で本人に謝罪します」とイチロー自身にも謝罪する旨を伝えている。

伝えたい意図は理解出来たが、あの書き方だと批判が声が挙がるのは容易に予想できたのではないだろうか?

とんだ茶番のイチロー
イチロー発言について

シェアボタン
ライバー編集部からのおしらせです