ライブには世の中を変える力がある

ライブには世の中を変える力がある

『Pococha』ってどんなサービス? 特徴と使い方を分かりやすく解説【ライブ配信アプリガイド】

2019.04.055:00
ライバーネット編集部

ライブ配信アプリ『Pococha(ポコチャ)』について、その使い方と特徴を分かりやすく解説します。

どんなライブ配信アプリ?

2017年1月にディー・エヌ・エー(DeNA)がサービスを開始した『Pococha』は、スマホひとつでいつでも誰でも気軽にライブ配信・視聴ができるライブ配信アプリです。

ライバー(配信者)とリスナーが双方向のコミュニケーションを楽しめ、ライバーには配信時間に応じたポイントや、リスナーからの「アイテム使用」「いいね数」「コメント数」などを総合的に評価した「応援ポイント」を付与。ポイントの獲得数に応じてS+~Eまでライバーランクが設定されるのが特徴です。

24時間体制でパトロールを実施したり、ライバー向け講習会やサポーター制度などを設けることで、より健全にライブ配信を楽しめる環境が整っています。

どうやって始めるの?

AppStoreもしくはGooglePlayから無料のアプリをダウンロードし、Twitter、Facebook、LINEのいずれかのアカウントと連携してログインします。

自身でライブ配信するには、ホーム画面下の[◎]ボタンからワンタップで配信準備画面に移行。

配信を始める前には、フィルター機能を使ってデジタルでメイクすることも可能です。普段利用している自撮りカメラアプリを使う感覚で、目や顔の輪郭を変えたり、肌が綺麗に見えるように簡単に“盛る”ことができちゃいます。

準備ができたら配信をスタート。運営元のDeNAによると、「『Pococha』は暖かいリスナーさんが多いので、これからライブ配信始めるという方に特におすすめ」とのこと。わからない機能があったらリスナーに聞いてみるのも良いかもしれません。

収益を得ることもできるの?

ライバーは配信の盛り上がりに対する報酬として、配信時間に応じたダイヤを運営から受け取ることができます(1日2.5時間まで)。ダイヤは一定量たまるとコインに交換、または換金することができます。

1時間あたりのダイヤ獲得数はライバーの応援ランクによって異なり、S+ランクの場合1時間3,500ダイヤです。


▲ランク別時間ダイヤ一覧(2019年4月5日時点の情報)

イベントに参加するとどんな特典があるの?

『Pococha』では、広告への出演権や、写真集の撮影、Panasonicのスチーマーなどがプライズとなったランキングイベントを毎月20本以上開催しています。

中には、ライバーとリスナーの両方におそろいのグッズがプレゼントされる『Pococha』独自のランキングイベントなども。これまでには、入賞したライバーとそのリスナーに同じお菓子グッズがプレゼントされるバレンタインイベントや、撮りおろしの写真集がそれぞれもらえるイベントなどが実施されました。

ランキングイベントのほかにも、ミッションをリスナーと協力してクリアしていく「ぽこチャレ」も人気。「いいねを○○個もらおう!」などのミッションをクリアすると、アプリ内通貨として使用できるコインをゲットすることができます。

こんなライバーにぴったり!

『Pococha』では初心者向けのイベントがあったり、中級者と上級者のイベントブロックが分かれていたり、種類豊富なアイテム毎のランキングがあったりと、ビギナーからベテランランバーまで幅広く輝けるチャンスが用意されています。

現在TOPライバーのひとりとして活躍中で、先日開催された『Pococha』初のリアルイベントで3位に入賞した「となりのえりー」さんは、“スーパー一般人”を自称する元OLの配信者。

ちょっと配信を楽しんでみたい人から芸能志望の人まで、様々なライバーが集まっているので、誰でも自分の趣味や目的にあったライブ配信が楽しめそうです。自分にぴったりのサービスだと感じたら、スマホひとつで手軽にライブ配信を始めてみては。

シェアボタン