ライブ配信には世の中を変える力がある

ライブ配信には世の中を変える力がある

【動画】17 Live独自のライブ配信ハウツーとは? 人気17 ライバー三宅彩奈さんの面談を密着レポート!
2019.04.081:30
ライバーネット編集部

フォロワー数1万人超を誇る人気ライバーの三宅彩奈さん。シンガーソングライターでありながら、17ライバーとして活躍している超人気ライバーだ。17 Liveからの公認を受けた17 ライバーは、定期的に面談の時間が設けられる。質の高い配信をオーディエンスに届けられるよう、17 Liveが独自に構築した教育カリキュラムだ。

面談は、三宅さんの配信状況を示したパーソナルデータを元に進められる。配信回数や配信する時間帯、閲覧数などを月ごとにデータ化。その数値をもとに傾向と対策を分析していく。

今回のデータを見てみると、三宅さんは2月中ほとんど休むことなく毎日配信している。さすがはベテランライバー、とても優秀な数値を叩き出していた。スタッフは三宅さんの健康状態を気遣いながら、無理をし過ぎないようにとアドバイス。配信回数を増やすことで、徐々に閲覧数が増える傾向にあるのは確かである。しかし継続的に配信を続けるには、自分のライフスタイルに合わせてバランスよく配信をすることが大切であると助言していた。

また、ライブ配信の形とは多種多様で可能性は無限大。だからこそ “オーディエンスに何がウケるのか” を予測することはできても、それが確実に受け入れられるとは限らない。三宅さんはベテランライバーとして配信する中で、いまだに新しい発見や学びが多いと言う。

ライブ配信とはオーディエンスとライバー、ふたつの相互作用があってこそ成り立つもの。だからこそ、オーディエンスの反応やコメントで読み取るサインを見逃さないよう心がけているそうだ。どんな歌が盛り上がるのか、パフォーマンスはどうすればいいのか、毎日が試行錯誤の積み重ねだと言う。今回の面談では、予想外のパフォーマンスがオーディエンスに好印象だったことを嬉しそうに報告する三宅さんの笑顔が印象的だった。

そしてファンの数が増えるほど、常連のオーディエンスが定着してくるのがライブ配信の特徴だ。三宅さんは毎日配信に来てくれるオーディエンスに飽きがこないよう、変化を持たせたエンターテインメントを実践している。歌う楽曲のセレクトはもちろん、ファッションやメイクなどにもアレンジをプラスし音と映像で楽しめるように工夫しているそうだ。これにはスタッフも「すごくいい!」と大絶賛。面談は終始、アットホームな雰囲気の中行われていたが、ふと言葉の節々に垣間見る三宅さんのプロ意識は常にオーディエンスファーストな発言が多かったように思う。

17 Liveは、このような定期面談のほかにスタッフと17 ライバーが常にLINEやメールでコンタクトをとっているそうだ。どんな小さな悩みでも、いつでも相談できるスタッフがいてくれる。こんな心強いサポートが受けられるのは17 Liveならではの強みである。

毎日の配信が楽しく「モチベーションはまったく下がらない!」と言う三宅さん。17 ライバーの満足度が高いのは、マネージメントサポートが行き届いている証拠なのかもしれない。今後の目標は? と聞かれると「17 Live以外の人に自分の歌をもっと聴いてもらいたい!」と言っていた。17 Liveともにさらに成長し続ける彼女の未来がとても楽しみである。

シェアボタン
ライバー編集部からのおしらせです