ライブには世の中を変える力がある

ライブには世の中を変える力がある

【動画】激ムズゲー「壺男」こと『Getting Over It』を49.117秒でクリアする猛者!
2018.12.014:59
オカジマトム

Getting Over It
変わった操作性と男が壺に入っているという謎の設定、そしてその変わった操作性から極悪な難易度になっている「壺男」こと『Getting Over It』。

『Getting Over It』はPC版とスマートフォン版がリリースされているが、このゲームをなんと49.117秒でクリアした猛者が現れた。

ひょっこり男が壺から現れると、とんでもない速さで岩や木を登っていく。遊んだ事が無い人がみたら「これ簡単なゲームじゃないのか?」と思ってしまいそうである。

しかしこのゲームあまりにも極悪な難易度で、マウスで杖を振る操作と引っかけたときの軸を中心に動く動作を使い分けなければいけない。
ちょっとでもミスすれば苦労して登ってきた道から真っ逆さまで再度登り直しという苦行ゲームだ。

TAS使用でのクリアとなる(TASについて下記参照)。

Getting Over It(PC版)
Getting Over It(iOS版)
Getting Over It(Android版)

TASについて

TASとはプレイそのものは自力だが、失敗すると直前まで巻き戻しなどを行い、そして実行速度のスローやコマ送りなどによるアシストを行うもの。
TASの意味は「ツール・アシステッド・スピードラン(スーパープレイ)」となっている。
チートではないが純粋なスピードランやRTAとは異なり、TASはツールプレイと区分される。

シェアボタン
ライバー編集部からのおしらせです