ライブには世の中を変える力がある

ライブには世の中を変える力がある

「皆1人1人がいなかったら俺たちはここにいません」国技館ライブ大成功に思わず涙『すとろべりーめもりーvol.6』ライブレポート
2019.01.0910:28
naka

すとぷり ライブ写真

ななもり。、ジェル、さとみ、ころん、るぅと、莉犬くんの6人からなる歌い手グループ『すとろべりーぷりんす』、通称すとぷり。12月24日にライブイベント『すとろべりーめもりーvol.6』を、東京・両国国技館にて行い、1万人以上のファンを熱狂させた。

開演前からイチゴ型の特製ペンライトの光が会場を彩る中、すとぷり6人が登場すると割れんばかりの絶叫が響く。ベージュのスーツに、担当カラーのベストを合わせた衣装はクリスマスムード満点。「クリスマスだし、冬っぽい曲やっていいですか?」というMCの後に、まさかの夏曲『苺色夏花火』を歌い始め、遊び心たっぷりなスタート。

『ロメオ』では、メンバー同士で抱き合ったり、王子の様にひざまづいたりする演出が取り入れられ、ひときわ大きな歓声が。『ノンファンタジー』では莉犬くんの「好きだよ」というセリフもばっちり決まった。

すとめも ライブ写真

ソロパートでは、ジェルが『ポーカーダンス』を大人っぽくセクシーに歌い上げ、ななもり。の『ヒバナ』では会場全体で「lalalala」の大合唱。ころんの『アウトサイダー』は低音と高音の使い分けが素晴らしく、さとみはラップが入り混じる難易度大の楽曲『一騎当千』を見事に歌い上げた。るぅと『君と僕のストーリー』はPVさながらの衣装で本人が登場、優しい歌声に観客が酔いしれる中、莉犬くんは『小さな恋のうた』の最後に「ありがとう」と絞り出す様な声でファンへの感謝を伝えた。

すとめものイラストがモニターに映し出され、楽しい会話にたくさんの笑いが起きる中、ライブはユニット曲へと続いていく。

ななもり。&ジェルのオリジナル曲では「先生、彼女が欲しいです!」と学生ドラマさながらのパフォーマンスを披露。ころん&さとみはゲームの楽しさを表現したポップな楽曲で会場を盛り上げた。るぅと&莉犬くんの『ちこくしてもいいじゃん』では遅刻しそうな2人をファン全員が応援するという演出も。

再び6人全員での『青春アンダースタンド』の後は、オリジナル曲を初披露。会場全員での記念撮影、すとめもではおなじみのジェルによる爆笑バンド紹介が続き、『イノコリ先生』へとライブは最高潮の盛り上がりへ。最後の曲『パレードはここさ』を歌いあげるとメンバーは大きく手を振ってファンからの声援に応えていた。

止まらない「すとぷり!」コールに6人が再登場したアンコールでは、それぞれがファンへの感謝の気持ちを伝えた。

さとみは「150人くらいのライブからはじまって2年でこんな景色見れるなんて思わなかった。僕たちだけじゃダメで、みんなあっての僕たちだから、本当にありがとう」と深々とおじぎ。るぅとは「僕の中ではこのライブまでたくさんの逆境があって、嫌がらせとかに落ち込んだこともあった。オリジナル曲もたくさん作れて胸をはって大成功って言えるライブになって嬉しかった」と涙ながらに語った。

初めから涙声だったころんは「お前もう泣いてんのかって思ってると思うんだけど(笑)、こんな素晴らしいステージをみせてくれた皆に感謝しています。だってファミリーマートからはじまったライブが国技館だよ!」と最後には笑顔で挨拶。莉犬くんは「普段活動していて、数字では見れるけど、本当に応援してくれる人がどれだけいるのか心配で。幸せってなんだろうってメンバーと話したり、頑張る必要ってどこにあるんだろうって思ったりすることもあるんだけど、こうして観にきてくれる皆がいるから頑張れるんだ。皆1人1人がいなかったら俺たちはここにいません。もっと大きな場所に皆を連れていきます!」と力強く宣言した。

ジェルは「俺って変な人間だから居場所がなかったり、親友とかいなくて。そんな俺が”ここだな”って思える場所がすとぷりなんだ。俺に居場所を与えてくれてありがとう! 両国が決まった時は絶対に埋まらないとか無理って言われて辛かったけど、皆のおかげで最高のライブになりました。ありがとう」と感謝を伝え、ななもり。は「皆にもっと幸せになってもらえるようにたくさん頑張って行こうと思う。すとぷりって皆すごいんだよ!普段は言わないけど、すごい人達の集まりなんだよ。俺たちはこれからも自分たちで考えて自分たちで作りたいので、これからも応援よろしくお願いします!」とファン全員を見ながら心からのメッセージを伝えた。

その後、『Flowering palettes』、『Strawberry prince Forever』とアンコール曲が続き、すとぷり初のアルバムのリリース決定を発表。「おめでとう!」とファンからのたくさんのお祝いに会場は包まれた。2019年もすとぷりの活躍から目が離せない。

すとぷり すとめも6 全員挨拶

【セットリスト】

1:苺色夏花火(全員)
2:ロメオ(全員)
3:ノンファンタジー(全員)
4:ポーカーダンス(ジェルソロ)
5:ヒバナ(ななもり。ソロ)
6:アウトサイダー(ころんソロ)
7:一騎当千(さとみソロ)
8:君と僕のストーリー(るぅとソロ)
9:小さな恋のうた(莉犬くんソロ)
10:オリジナル曲(ななもり。、ジェル)
11:オリジナル曲(ころん、さとみ)
12:ちこくしてもいいじゃん(るぅと、莉犬くん)
13:青春アンダースタンド(全員)
14:オリジナル曲(全員)
15:イノコリ先生(全員)
16:パレードはここさ(全員)

アンコール1:Flowering palettes(全員)
アンコール1:Strawberry prince Forever(全員)

シェアボタン
ライバー編集部からのおしらせです