職業としての“ライバー”の可能性を聞く 株式会社ライバーCEO市川茂浩インタビュー<中編>

株式会社ライバーCEO市川茂浩

引き続き株式会社ライバー代表取締役CEO市川茂浩に話を聞きました。中編ではライブ配信の可能性や職業としてのライバーなどについて語っています。

――ライバーとYouTuberの業界って、結構つながりがあるんですね。

市川:そうですね。その人脈のハブとなるような人が、結構周囲にいます。そういう、つながりの中心になる人がいます。人脈をつくるのがうまい人たちがいて、その人達との関係性をうまいこと作れる飯田さんがいて、うちの会社が成り立っている。そういうのをシステム化していこうと思っていて、そのへんの現れがいろんな事業だったりするんです。

たとえば、生放送の制作チームが、うちにいますよね。YouTubeも含めてウェブ動画を作れるチームがいます。技術的なこと、企画的なこと、制作もできる。ライブ、イベントも、やりたければいろいろプロデュースできるし。芸能界でいろいろな経験もあって、武道館ぐらいまでやっている人がクリエイター事業部長ですし。僕も、芸能にもITにも関わってきましたから、それはできるし。営業もいる。いろんなところに強みがあって、それぞれの部門を拡充していくと、全部クリエイター、ライバーのためになるんです。そういう土壌をつくったのが、飯田さんのいいところ。そういう構想は、最初からありましたから。

――最初からあったんですね。

市川:テクサとして創業したとき最初は生放送の制作をやってたし、イベントを手伝っていたし。

――今では、あたりまえの仕事になっていますね。

市川:あたりまえですね。今、投げ銭も流行っているけど、いちばん最初の頃からやってますし。ライバー達がもっと活躍するためのサポートシステムと言っていますが、それがあって。それが、うちの事業の形ですね。これを拡充していくと、伸びるだろうと思います。UUUMはYouTuberで有名な会社ですが、うちはライバーをサポートすることで、事業拡大できればいいなと思っています。個人的には、飯田さんの成功をみたいと思っています。これは深水さんも同じじゃないですか。

――付き合いが長いですもんね。

深水:長いです。あんなピュアにライバーを支援したいと思っている人はいないので。

市川:彼が成功するところまでは、見てみたい。立ち位置がライバーだから。とはいえ、バランスはある。その中に、自分達の成功も入っているんでしょうけど。業界が盛り上がるのは、結構やりがいがありますよね。僕らもカテゴリキラーみたいなことをやったりして、「ライバー業界の中のシェアトップクラスです」と言えたりして。実際、比較的そうなっていると思いますが、この地位は成長してさらに拡大したいなと。飯田さんのキャラクターを押し出していって、ぜひそれを可能にしたいです。いろんなことをいう人もいますが、半分ぐらいは習慣、文化の問題があると思っていて。市場が大きくなって、新しい文化ができてくるだろうと思います。たとえば、某プラットフォームだとお金を儲けちゃいけないという文化がけっこうある。でもそれがいけないという文化が、未来永劫続くとは思えないから。

――そうですね。

市川:みんな、霞を食べて生きているわけじゃないから。いろんな生活手段があっていいし、それがプロだと思うから。まだ、プロとアマの境目だと思います。おもしろいのは、この市場はプロとアマの両方が存在していて。一流の人でもアマチュア要素が存在していて、すごいアマチュアがいて。すごいアマチュアは、すごく稼げるアマチュアという感じです。アマゴルフで賞金10億円みたいな世界なので。アマチュア、プロの世界が両方とれるので、文化が混在していると思っています。いずれ、いい感じの落としどころにいくかと思います。ビジネスとか、個人で有名になるのと、仕事、企業とのつきあい方はうまくこなれていくことに、だんだんなると思います。僕らは中間の橋渡しする仕事。当初、YouTuberって仕事はバカにされていましたから。YouTuberという仕事自体、なかったから。僕も、最初はYouTuberっていう仕事はなんなんだろうと思っていたから。「ber」ってつけりゃいいもんじゃねえみたいな感じで(笑)。ライバーといっても、今は笑われるでしょうね。そんな馬鹿なネーミング、という感じでしょうね。ただ、プロとしての面が、だんだん出てくると社会的に認められるようになってきますよね。

株式会社ライバーCEO市川茂浩

――何年後ぐらいに、そのときがきそうですか。

市川:わからないけどね。永久に素人っぽい要素は残ると思うけど。というのは、個人が個人だけで有名になれる環境って、ネットで劇的に変わったので。テレビの仕組みとは、まるきり違うので。そういう意味で、テレビ依存じゃなくなって革命が進んでいるんでしょうけど。うちの会社が上場したら、変わるんじゃないですか。お世辞でもなんでもなく。飯田さんがアマとプロの間を泳いでいこうとする人間の代表格なので。上場は大変ですけど、彼がアマとプロの取りまとめ役になられたとしたら、上場のきっかけになると思います。できるだけ早く上場したいと思っています。

――市川さんも、YouTuberやライバーが出てきたとき、「これはすごい」と思われたんですよね。

市川:なぜでしょうね。ライブ配信って、昔からみたりしていたんです。どちらかというと個人芸の要素が強くて。ここで、こうやって目の前で喋っているだけだから。それ以外、何も映ってない。着の身着のまま、裸で勝負してるから、それはすごい。そんなのすごくないという言い方もあるけど、それ以外ないのに、その人がウケてるから、すごいことなんです。

YouTuberって、どちらかというと、編集とか情報の価値のほうが高いと思いますけどね。難しい言い方になるけど。飯田さんがいっているのは、YouTubeって情報なんです、と。サムネイルに結論が書いてある。関連動画を眺めているだけで、だいたいどんなことが起きているか、みなくてもわかる。最初の10秒をみて結論が出るという感じじゃないですか。時短の象徴みたいだと思っていて。すごくITっぽいんです。キュレーションされている。YouTubeのトップページもそうじゃないですか。あなたの関心がありそうなものをあげてくる。これって時短ですよね。僕だったらサバイバルコンテンツが出てきます。あと好きだからダンスミュージックがいっぱい出てきますけど。でもそれって、効率よくみつけてくるための方法で。ライバーって、数時間みないとおもしろくない。コレコレさんの放送のうち1分だけ見たっておもしろさがわからない。コレコレさんの最初の1分をみても喋ってないことすらあります。枠をとった時にもう1分経ってる。

――ライバーの方は、何回もみるとファンになっていくような気がします。

市川:そうですね。飯田さんと一緒になるまでコレコレさんを知らなかったけど、みてから完全にハマっています。めちゃくちゃおもしろいですね。週刊文春さんに勝てるのでは(笑)。

――思います。文春さんより、彼の所に集まってきている情報の方がすごい部分もありますよね。

市川:彼は編集の力というより、喋り、情報を捌く才能がありますよね。あまり片方に寄らず、うまく捌いていますよね。彼はMC的スキルがすごく高い。もちろん、他の人達も特徴がそれぞれあって、無言でも放送がつなげるし。それのへんは才能ですよね。間の取り方がうまいです。喋りがうまい人達は、間の取り方がうまいですね。島田紳助さんがよしもとの虎の巻みたいなやつで、有名な講演がYouTubeに出ていて。新人の人達に、一流芸人になるためには……、って教えているんです。一般的には先輩が生意気なことを言って、偉ぶっているんだろうと思われがちですが、ちゃんと見るとすごくて。「笑いって間なんだよね」といったりするんです。間がうまく取れるようになるまで、何十年もかかるから。極論、喋らなくても、笑わせられるんです。松本人志さんもそうですよね。変顔して、ちょっと……というあの間が。

――笑っちゃいますね。

市川:めちゃくちゃ笑うでしょ。半呼吸ぐらいおいて、自分でクッとやって。なんか不思議な間ですよね。あの人、変なことをいっぱいやるけど、ネタから間をおいてから笑いをとるのが多いので。みんな、間の取り方がうまいと思います。まぁ僕は、立場上あまりコンテンツの評価をしないほうがいいかもしれないですが。とにかく、ライバーにはすごく特徴があると思っています。

(インタビュー下編に続く)

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com