ライブ配信も視野に入れるカラオケ動画コミュニティ『KARASTA』、ギフトポイントの換金機能をスタート

ミクシィはカラオケ動画コミュニティアプリ『KARASTA(カラスタ)』において、2月18日(月)より、ギフトポイントを収益化できる「換金機能」の提供を開始しました。

『KARASTA』はスマホで簡単にカラオケを歌え、そのパフォーマンスを録画・投稿できるカラオケ動画コミュニティアプリ。2018年11月にリリースし、現在10万ダウンロードを突破しています。

ファン(視聴者)はアプリ内で使用できるKARASTAコインを使ってギフトアイテム(動画を盛り上げる演出)を購入でき、歌い手(配信者)にプレゼントすることで、歌い手側はギフトポイントを受け取ることができます(運営費や楽曲の著作権料等を差し引いた上で、投稿されている動画を独自の評価方法に照らし、金額を算定)。


▲ギフトポイントの換金イメージ

なお、ギフトポイントの換金には決済サービス『PayPal』のアカウントが必要で、5000ポイント以上から換金が可能です。

『KARASTA』では今後、歌い手とファンによるリアルタイムのコミュニケーションを実現する「ライブ配信機能」を追加する予定。歌い手とファンをつなぐコミュニケーションの場の提供を目指すとしています。

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com