ライブには世の中を変える力がある

ライブには世の中を変える力がある

アップルの発表会がお通夜状態 会場だけが何故か盛り上がる

2019.03.264:00
オカジマトム

Apple
3月26日の深夜2時(現地時間、25日の10時)から『Steve Jobs Theater』にてアップルが発表会を行った。

午前2時に待機して何が発表されるかワクワクしながら私は発表会を最初から最後まで観たのだが、結果、内容は過去最低の発表会だった。

私だけで無く発表会を見た多くの人がそう感じたのではないだろうか。

発表されたものは『Apple NEWS+(日本無関係)』、『Apple Pay』の対応国拡充、『Apple Card』、『Apple Arcade』、『Apple TV+』。

発表会にはスピルバーグ監督も登壇し大盛り上がり。しかし新デバイスの発表がされると期待していた我々からしたらシラケた発表会になってしまった。

もはやハードウェアで革新的な出来事が起こることを期待してはいけないのだろうか、という思いがよぎるほどだ。噂されていた新iPhoneSEの発表もなく、『iPad mini』と『iPad Air』は先週発表されてしまったので、結局のところデバイスではなく『サービス』中心の発表となったわけだ。

しらけた我々と異なり会場に集まった客は発表されるたびに手を叩き歓声を浴びせスタンディングオーベーションである。

約1時間50分の発表会はこうして何一つ新デバイスの発表も無く、終わってしまったのである。

もしかしたら新iPhoneSEは発表会と関係無く突如アップルのサイトに登場する可能性もあるが……。

シェアボタン
ライバー編集部からのおしらせです