ライブ配信には世の中を変える力がある

ライブ配信には世の中を変える力がある

『トイ・ストーリー4』ぬいぐるみの新キャラクター役にチョコレートプラネットが抜擢
2019.06.068:13
tani

ディズニー/ピクサーによる長編アニメーション映画『トイ・ストーリー4』の日本語吹替版にお笑いコンビのチョコレートプラネットが声優として参加することが決定しました。

トイ・ストーリー4』は、おもちゃのウッディやバズ・ライトイヤーなどお馴染みのキャラクターが活躍する人気シリーズの9年ぶりとなる新作となります。
新しい持ち主・ボニーと共に暮らすウッディたちが、逃げ出した手作りのおもちゃフォーキーを追って冒険を繰り広げる物語。
キャッチコピーは「あなたはまだ─本当の『トイ・ストーリー』を知らない。
インサイド・ヘッド』の脚本を手がけたジョシュ・クーリーが監督を務めます。
来月の7月12日から全国の映画館で公開。

▼「トイ・ストーリー4」日本版予告映像

シリーズの新キャラクターとして、“ふわふわ”のアヒルのぬいぐるみ・ダッキーと、鮮やかな青と緑の“もふもふ”の毛並みを持つうさぎ・バニーが新登場。
今回その日本語吹き替え声優を担当するのがチョコプラの2人。
それぞれ、ダッキー役は松尾駿さん、バニー役は長田庄平さんが務めます。
ダッキーとバニーは移動遊園地の射的の景品で、いつか子供に持ち帰ってもらうことを夢見ている。
丸いぬいぐるみのかわいらしい見た目に反して、毒舌とユーモアに溢れたキャラクターとなります。

モノマネ芸でブレイクし、いまや飛ぶ鳥を落とす勢いのチョコレートプラネットの2人。
今回、見事オーディションを突破しての声優決定となりました。
オリジナル版でもアメリカで大人気のコメディアンの2人(ダッキー役:キーガン・マイケルさん、バニー役:ジョーダン・ピールさん)が演じています。
日本語吹き替え版でも面白いキャラクターのダッキーとバーニーにはお笑い芸人が最適とのことで、チョコプラの2人が担当することとなりました。

オーディションの結果が出た際、2人は声をそろえて「今までで決まった仕事の中で一番嬉しい!本当に嬉Tですね!」と、自身らの「TT兄妹」ネタにかけながらコメント。

アフレコ終了後のインタビューで、大のディズニー好きで知られるチョコプラ長田さんは、「ダッキー&バニーの関係性が僕らにすごく似ているので、やりやすかった。親しみやすいキャラクターですよね」と語りました。
相方の松尾も「TT兄弟というネタをしている僕たちが、Tから始まる『トイ・ストーリー』に参加するなんて! 最高にうれしかったです」と喜びを見せました。

チョコレートプラネット演じるダッキー&バニーは劇中で一体どのような活躍を見せてくれるのか?
公開が楽しみですね。

『トイ・ストーリー4』公式ホームページ
https://www.disney.co.jp/movie/toy4.html

シェアボタン
ライバー編集部からのおしらせです