ライブには世の中を変える力がある

ライブには世の中を変える力がある

『TSUTAYA TV』のスタッフがイチオシする思わず『海』に行きたくなる映画10選!

2019.08.123:55
natchan

映像配信サービス『TSUTAYA TV』のスタッフが厳選した”観ると思わず『海』に行きたくなる映画“を特集ページにてご紹介!

モアナ
(C)2019 Disney/(C)2000 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

『TSUTAYA TV』とは、洋画、邦画、アジアTVドラマ、キッズ・アニメと豊富なジャンルが楽しめる動画配信サービス。
今回、『TSUTAYA TV』では配信している作品の中から思わず『海』に行きたくなる映画、10作品が紹介されています。

・今いる場所から飛び出して、ひろーい世界へ 『モアナと伝説の海』

モアナ画像
(C)2019 Disney/(C)2000 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

【あらすじ】
海に選ばれた16才の少女モアナ──海が大好きな彼女は、島の外に出ることを禁じられながらも、幼い頃に海と“ある出会い”をしたことで、愛する人々を救うべく運命づけられる。それは、命の女神テ・フィティの盗まれた“心”を取り戻し、世界を闇から守ること。神秘の大海原へ飛び出した彼女は、伝説の英雄マウイと出会い、世界を救う冒険に挑む。立ちはだかる困難に悩み傷つきながらも、自分の進むべき道を見つけていくモアナだったが…。
製作年:2016年
出演:モアナ:アウリィ・カルバーリョ/屋比久知奈、マウイ:ドウェイン・ジョンソン/尾上松也、タラおばあちゃん:レイチェル・ハウス/夏木マリ、タマトア:ジェマイン・クレメント/ROLLY、トゥイ:テムエラ・モリソン、シーナ:ニコール・シャージンガー、ヘイヘイ:アラン・テュディック
(C)2019 Disney

■「TSUTAYA TV」スタッフのコメント
まず海が印象的な作品としてオススメしたいのが『モアナと伝説の海』です。2017年公開の本作は、16才の少女モアナが勇敢に海を渡り冒険を繰り広げる作品となっており、ディズニーらしさが感じられる壮大なスケールはさすがの一言。さらに注目して欲しいのが、海の表現です。波打ち際の泡が立つ感じや、光が当たって反射する様子、特に月明かりに照らされた海の表現などは本物と見間違うほど!軽快な音楽、透き通る歌声に誘われ、たちまち南の島にトリップしてしまうかも?

・どきどきが止まらない! 『ザ・ビーチ』

ザビーチ
(C)2019 Disney/(C)2000 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

【あらすじ】
バンコクを旅するリチャードは、安宿でダフィと名乗る奇妙な男から“伝説のビーチ”の話を耳にする。そこは美しすぎるほどに美しく、全ての日常から解放される夢の楽園──。その翌日、1枚の地図を残しつつダフィは変死。リチャードは地図のコピーを手にし“伝説のビーチ”を目指す。しかしそれは狂気に満ちた世界のはじまりだった……。
製作年:1999年
出演:レオナルド・ディカプリオ、ティルダ・スウィントン、ヴィルジニー・ルドワイヤン、ロバート・カーライル
(C)2000 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

■「TSUTAYA TV」スタッフのコメント
『ザ・ビーチ』はレオナルド・ディカプリオが主演して話題になった作品。美しいバンコクのプライベートビーチはこの作品がきっかけで一躍有名になり、入場規制が入るほどとなりました。そんな美しい海を舞台に繰り広げられる夢のような日々と、それが崩落していくストーリーは、一度は観ておきたい作品です。

残りの8作品はこちらから(http://tsutaya.jp/2019sm_sea/)。

———————————————————————————————
■「TSUTAYA TV」サービス概要 http://tsutaya.jp/tsutaya_tv/
月額料金:933円(税抜)
内容:TSUTAYAの映像配信サービス。取り扱いジャンルは洋画、邦画、アニメ、アジアTVドラマなど。
新作・準新作を除く対象作品約10,000タイトル以上の動画作品の視聴が観られる動画見放題サービス。毎月1,080動画配信ポイントが付き、新作・準新作の視聴も可能(一部対象外作品有り)。
その他、都度レンタル支払いも可能。
視聴機器:PC、TV、スマートフォン、タブレット

シェアボタン
ライバー編集部からのおしらせです