VTuberとVLiverの違いって何? (バーチャルユーチューバーとバーチャルライバー、何が違うの?)

VTuber-VLiver違い

VTuber(バーチャルユーチューバー)とVLiver(バーチャルライバー)の違いって何でしょうか。

YouTuberとライバーの違いについては、こちらの記事で説明しています。

今回の「VTuber」と「VLiver」については、頭に「V」がついています。
何やら強そうな感じもしますが、強さを表すのではなく、これは、「バーチャル(Virtual)のV」なのです。
つまり、仮想の、という意味。

仮想のユーチューバーだったり、仮想のライバーだってことなんですが、この仮想って言葉で結局なにを言いたいかっていうと、つまりこれ、仮想キャラクターってことなんです。

現実世界には存在しえない、キャラクターが、あたかもそこに実在するかのように存在する。

それがバーチャルであり仮想のキャラクター、とうことなんです。

そしてそのキャラクターたちが、YouTuberやライバーのように振るまって、アーカイブ動画を発表したり、ライブ配信をおこなったりする。
それが、VTuberや、VLiverです。

なお、VTuberやVLiverには、今の所必ず、中の人(ボイスアクター、CV、声優さん)がいます。そしてたいてい、キャラクターの動きも、その声優さんが担当していて、声優さんの動きを取り込んで(モーションキャプチャー)、それをそのままキャラクターに反映しています。

中の人はたいてい声優さんや声優の卵、ライブストリーミング慣れをした方々がやっているのですが、他のアニメ作品やコンテンツのように、声優さんが名前を出したりはしていません。

なぜかというと、

仮想の世界でそのキャラクターがあたかも生きているかのように存在しているという建前のため、中の人など存在しないことになっている

からなのです。あくまで建前です。中の人がいることなど、みんなわかっています。ただ、建前が重要な時もある、ということです。
しかし考えてみれば、コンテンツの制作に関わる主要な人物でありながら名前を出せないのは、なんとも可哀想な状態です。
この状態はなんとも不自然なので、将来的には中の人もクリエイターとして最初から名前を出せる日が来るのではないか、という見方もあります。

また、中の人が名前を出さないのには、それ以外に、ビジネス的な都合があるのではないかと考えられます。

例えばキャラクターが有名になると同時に中の人も有名になってしまうと、中の人が他の仕事をやりにくくなってしまいます。
また、中の人が有名になりすぎると、ギャラが上がり過ぎてしまうかもしれません。
そこらへんは大人の事情なので、私にはよくわかりませんが……(ゴニョゴニョ)。

ただ、YouTuberさんのギャラがここ数年、非常に上がってきたこともあり、ビジネス的には、生身の人間より、キャラクターを売り込んだ方が都合が良い部分があり、キャラクターを売り込む模索が繰り返されてきました。CGや仮想のバーチャルキャラクターの方が、生身の人間の出演者よりも融通がきく、というのは間違いないですし、グッズ化もしやすい(売れるかどうかはともかく)。収益はまるごとそれを開発した会社にはいる、などなど、ビジネスにとって利点は沢山あります。

バーチャルアイドルをはじめとする仮想キャラクターが今盛り上がっているVTuberという形に到達するまでには、さまざまな試行錯誤が繰り返されてきました。高度で精巧な3DCG技術を駆使して、より人間に近い、生身のアイドルに近いものを生み出そうという試みもありました。

しかしながら、結局のところ、声優を担当する方の動きをキャプチャーして、アニメ風キャラクターが動く、という形のものが爆発的な支持を得ることとなりました。「あ、中身は、人間で良かったんだ」というところがブレイクスルー。意外な発見でした。そしてもうひとつの発見が「アニメキャラで良かったんだ」という点。人間に近づける方向ではなく、アニメキャラの方が先に多くの支持を得ることができたのです。アニメファンにとっては、大好きなアニメキャラクターがあたかもそこに存在するかのように存在して、毎日動画をUPし、YouTuberという見慣れた環境で、親しみやすく投稿してくれるので、非常にしっくりきた、ということなんでしょうか。実際、VTuberは女性キャラクターが多く、ファンは男性が多いそうです。

尚、VTuberやVLiverは、歌を歌う場合が多いです。やはりもともと中の人が声が良い人が多い、という事情もあります。また、動画ビジネスの世界では再生数を獲得するのに音楽コンテンツは欠かせないものです。普通のネタ動画は1回視聴すれば十分ですが、音楽は繰り返し聞く場合が多いので、再生数が伸びやすいのです。

そして、こういった、歌う仮想キャラクターのことを「VSinger(バーチャルシンガー、ブイシンガー)と呼んだりもします。

まとめると、

アーカイブ動画を発表する仮想キャラクターがVTuber。
ライブ配信を行う仮想キャラクターがVLiver。
歌をうたう仮想キャラクターがVSinger。

と、なります。

仮想キャラクターの世界は、はじまりにすぎず、ここを起点として、さらに発展したキャラクター、新しいサービスが生まれることでしょう。
非常に楽しみな世界です。

(2019年1月)

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com