サムスンの新スマホ『GalaxyS10』シリーズ発表 フロントカメラが画面に埋め込まれる

GalaxyS10+
兼ねてから発表されると噂されていたサムスンの『GalaxyS10』。発表会の招待状には「S10」と書かれており、『GalaxyS10』の発表があるものだと思われたがまさに『GalaxyS10』が発表となった。

発表された『GalaxyS10』は3つのモデルからとなり、『GalaxyS10+』、『GalaxyS10』、『GalaxyS10e』が発表された。
『GalaxyS10+』が最も上位モデルとなり『GalaxyS10e』はコンパクト版となる。

『GalaxyS10+』は脅威のトリプルカメラで更に、昨今のフロントカメラ搭載ベゼルを無くす傾向からノッチと呼ばれる「溝」がスマートフォン上部に出来てしまった。これはベゼルが狭くなった弊害でもある。

しかし『GalaxyS10』シリーズではフロントカメラがディスプレイ右上に埋め込まれた。デフォルトの壁紙ではその箇所が薄暗くなっており気にならない状態だという。

またHUAWEIなども既に採用しているディスプレイ指紋認証も搭載。ただ『GalaxyS10e』のみは電源ボタン部分での指紋認証となる。これまでのGalaxySシリーズでは背面で指紋認証をしてきたがより効率良くなり、超音波式を採用しているため認識もかなり速くなっているという。

顔認証はアップルとは異なる2D方式なので写真でも突破されてしまうおそれがある。

3つのモデルの主な違いは次の通りだ。

『GalaxyS10+』
6.4インチ、Curved Dynamic AMOLED(有機EL)
ディスプレイ指紋認証
リアカメラ:トリプルカメラ(超広角16Mピクセル、広角12Mピクセル、望遠12M)
メモリ:8GB

『GalaxyS10』
6.1インチ、Curved Dynamic AMOLED(有機EL)
ディスプレイ指紋認証
リアカメラ:トリプルカメラ(超広角16Mピクセル、広角12Mピクセル、望遠12M)
メモリ:8GB
『GalaxyS10e』
5.8インチ、Flat Dynamic AMOLED
電源ボタン部分での指紋認証
リアカメラ:デュアルカメラ(超広角16Mピクセル、広角12Mピクセル)
フロント:シングルカメラ
メモリ:6GB

GalaxyS10+

GalaxyS10+

GalaxyS10+

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com