ライブ配信には世の中を変える力がある

ライブ配信には世の中を変える力がある

【ライブレポート】配信者・平田くんが魅せたリスナーとともに作り上げるワンマンライブ@渋谷duo
2019.05.296:33
ライバーネット編集部

3月15日、渋谷duo MUSIC EXCHANGEにて平田くんのワンマンライブ「田舎者の平田くんが激しめのワンマン」が行われた。この日は平田くんの誕生日ということもあり、たくさんのファンがかけつけ会場は超満員。開演前から熱気に包まれていた。

オープニングムービーは平田くんと親交が深いYouTuberまあたそによる場内のアナウンス。笑いを交えたトークで観客たちを温めると、突如映像が切り替わり平田くんが自宅から今日のライブに出発するまでのパロディー映像が流れる。

「いってきまーす!」と玄関前で手を振った途端、会場は暗転。オリジナル曲『全回転BRAND NEW DAY』のイントロとともに平田くんとバンドメンバーがステージに登場。激しいバンドサウンドが流れ、フロア全体が赤のサイリウムで埋め尽くされていく。会場は歓声と大量のハンドクラップが沸き起こり、フロアの温度を一気にトップギアへと持っていった。

最初のMCで「僕のライブはトーク多めのイベントなんで!」と普通のライブとは一味違う、まさに配信者らしいイベントである趣旨をファンに伝える。平田くんの同居人でお馴染みの荒木(Dr.)もMCに加わり、積極的にリスナーとの会話を盛り上げた。「何をして欲しい?」「どこからきたの?」「ものまねしまーす!」と、まさにライブ配信が目の前で行われているような距離の近さ。演者とオーディエンス、ともにリラックスした雰囲気でアットホームな空間が作り出されていた。ファンから投げかけられるどんな声も聞き逃さず、平田くんならではの切れ味抜群のトークパフォーマンスを披露。終始笑いが絶えず、リスナーと配信者、という関係だからこそ成り立つ唯一無二のステージとなった。

「じゃあそろそろいきますか!」の合図とともに、米津玄師の『ピースサイン』がスタート。会場は縦ノリのリズムを刻み、シンガロングを楽しむシーンでは「俺、アーティストみたい!」と照れ隠しをするようにはにかむ姿が印象的だった。続く楽曲は、バラードナンバー『夜明けと蛍』。平田くんの優しい歌声がフロアを包み込んでいく。真剣な眼差しで真摯に歌い上げる姿は、いつものテンションと違うまさにライブでしか見ることにできない表情だった。

そしてこの日は、待望のミニアルバム「全回転BRAND NEW DAY」のリリース日ということで、カップリング曲『now playing』を初披露。ラップ調のメロディに合わせてリリックを情熱的に打ち込み、「うしろも見えてるかんなー!」と煽りを入れ、場内の盛り上がりは最高潮に達した。

再度はさんだMCで、リスナーから「お母さんに電話して!」という無茶ぶりなリクエスト受けると、早速その場で平田母に生電話。ステージ上で平田母との日常会話を繰り広げる、前代未聞のパフォーマンスができるのはまさに配信者ならでは。「産んでくれてサンキュな」と平田母に感謝を述べたところで電話は締めくくられた。

そんな賑々しいムードを保ったまま、場面は次の展開へとシフト。平田くんリスナーだったら誰もが知っている “噂の元カノ” を落とした楽曲『25個目の染色体』へ。「みんなのこと、元カノだと思って歌うわ(笑)」と冗談を交えながらも、リスナーたちを歌の世界観へと惹き込む。かつての青春時代を懐かしむように歌上げ、会場全体がエモーショナルな空間に満ちていった。

ラストのMCでは「うしろのほう見えへんやろ?」と後方にいるファンを気遣い、ステージ上からフロアに降りると急遽平田お触り会なるものを開催。「どこでも触ってOKやでー(笑)」と右往左往に走り回り、悲鳴にも似た歓声を浴びながらリスナーを喜ばせた。

いよいよライブは終盤戦へ。このライブ本編のトリを飾ったのは、オリジナルソング『キョロキョロ』。思わず耳に残るビートを刻むアッパーチューンで、ラストスパートへと畳み掛ける。「みんなのおかげでここまでこれた! これからも一緒に歳をとっていきたいです!」と改めてリスナーに感謝の言葉を残し、ステージを後にした。

アンコールの拍手が鳴り止まぬ中、コントムービーとともに今年の夏、東京・大阪でライブが開催されることが発表された。観客から喜びの声が上がると、ヨッシーの着ぐるみを着た平田くんが再び登場。手には大量のサインボールを抱え「俺、元野球部じゃけんのう。飛ばしたるで」と投手の腕前を見せつける。するとステージはいきなり暗転。「え?なに?」と予定とは違う演出に動揺していると、誕生日ケーキを持ったまあたそと、元ゲーム実況者のかゎぃぃモカラテが登場する。サプライズで駆けつけた仲間たちの姿に驚きと感激が隠せない様子を見せていた。その場にいた全員からバースデーソングが贈られ、「最高です!」と満面の笑みを浮かべていた。

 

そしてこの日の真打として選ばれたのは、昨年ミリオンを達成した人気ボカロ曲『ロキ』。誰もが知っているキラーチューンで会場全体が一丸となり楽曲を盛り上げていく。「本当にありがとう!」と何度もリスナーへの感謝の言葉を残しながら、ライブは終了。ひとつ歳を重ね、さらに進化をし続ける平田くん。まさに何が起こるか分からない、平田節が炸裂した珠玉の一夜となった。

田舎者の平田くんが激しめのワンマン@渋谷duo MUSIC EXCHANGE セットリスト

1.全回転BRAND NEW DAY
2.MC
3.ピースサイン
4.夜明けと蛍
5.MC
6.now playing
7.MC
8.25個目の染色体
9.MC
10.キョロキョロ
11.アンコール
12.告知動画
13.ロキ

 

シェアボタン
ライバー編集部からのおしらせです