ライブ配信には世の中を変える力がある

ライブ配信には世の中を変える力がある

「松竹ジャパングランプリ 全国オーディション 2019」と、「MixChannel」がコラボ新企画を発表!
2019.10.241:36
クラタナツミ

松竹株式会社が、松竹×松竹芸能×松竹エンタテインメント合同で実施する『松竹ジャパングランプリ 全国オーディション 2019』と、株式会社Donutsが運営するライブ配信アプリ『MixChannel』が、コラボレーション企画の第二弾を発表!

開催予定の「松竹ジャパングランプリ 2019 リバイバルオーディション」と最終選考イベントをつなぐスペシャル企画として、MixChannel内にて、松竹芸能所属の芸人・タレント一挙15組による「芸人・タレントライブバトル ~松竹ジャパングランプリ2019杯~」を開催。11月11日(月)〜11月24日(日)までの期間内で参加芸人たちによる、”ライブ配信で獲得できるポイントを懸けた”ランキングバトルが行われるのだとか。自由な時間帯・内容でのライブ配信で、より一層、芸人とのリアルタイムなコミュニケーションができるチャンスになっているそうなので、是非お見逃しなく!

<芸人・タレントライブバトル ~松竹ジャパングランプリ2019杯~ について>

・配信日:11月11日(月)~11月24日(日)
・概要:松竹芸能所属の芸人・タレント総勢15組が、期間内に、自由な時間帯・内容でライブ配信するのだとか。
    配信ポイント最多獲得者は、松竹芸能公式ホームページの期間限定ジャックに加え、
    松竹ジャパングランプリ2019公式サイトでも特別動画を配信できるのだとか!
    芸人たちとリアルタイムのコミュニケーションや、フリートークができるチャンス! 楽しみですね!

・イベント配信先:MixChannel にて配信

・出演者(五十音順):

<開催予定:松竹ジャパングランプリ 2019 リバイバルオーディションについて>
・配信日:10月26日(土)~11月10日(日)
・概要:『松竹ジャパングランプリ 全国オーディション 2019』の予選敗退者の中から、
     ライブ配信にて審査を実施! 配信ポイント最多獲得者や上位入賞者は、
     最終選考イベントにファイナリストとして出場することができるのだとか。
     オーディションに応募した多彩で個性豊かなライバーの配信から目が離せないですね!
・イベント配信URL:https://mixch.tv/p/sck9kquu
・配信ライバー:『松竹ジャパングランプリ 全国オーディション 2019』での配信審査対象者および予選敗退者

<オーディションについて>

1)タイトル:松竹ジャパングランプリ 全国オーディション 2019
2)募集対象:俳優・女優、お笑い芸人、タレントをはじめ、アイドル、歌手・アーティスト、モデル、子役、
       アスリート、文化人、声優、YouTuber・配信タレント……などジャンルを問わず、
       自分の個性を世に出したい方、自分の個性を探している方などを幅広く募集。
       0~100歳までOK(100歳以上、要相談) / 副業OK / コンビ・グループ参加OK /
       顔写真なしの応募OK
       ※国籍・性別問わず / 特定のプロダクション・レコード会社等と契約されていない方
       ※上記の募集内容を満たすご家族やご友人、お知り合い等を推薦することも可能。
      (他薦の場合は必ずご本人の同意を得た上でご応募ください)
3)特典 グランプリ:松竹映画作品・舞台作品出演/ 松竹コンテンツへの出演/
           松竹エンタテインメント・松竹芸能専属契約/松竹芸能タレントスクール入学権等、
           個性を活かすべく松竹グループが全面的にプロデュース。
4)サイトURL:https://www.shochiku.co.jp/pj/shochikuJG2019/
5)クレジット

企画・運営:松竹株式会社、松竹芸能株式会社、株式会社松竹エンタテインメント
協賛:MixChannel、株式会社テラスサイド
協力:mysta株式会社、株式会社 CinemaLeap(タテムビ®)

<MixChannelについて>

『ライブ配信』と『動画投稿』で大人気!1300万人以上が利用するコミュニケーションアプリ。どこよりも豪華なTV・雑誌・音楽フェスの出演権を手に入れて、夢を叶えるライバーも続出中! 「ライブ配信をするならミクチャ! 」
ミクチャ・ダウンロードURL:https://app.adjust.com/pwx0dy8
公式サイト:https://mixch.tv(PC、スマートフォン共通)

シェアボタン
ライバー編集部からのおしらせです